本文へ移動

新 刊

よろこび・報恩講号

執筆者】
清水正宜「100パーセント他力の救い」・鎌田宗雲「どこにむかっているのでしょう」・星野親行「報恩講さまによせて」・田中真英「こころの贈り物」・奥原曇龍「如来のみ前に額ずきまつる」・徳岡秀雄「『大経』こそが仏教的心理」・岡本法治「三心一心Ⅱ~一心の華文」・探究社・編「海道一の馬乗り」 
A5判並製・32頁・本体120円+税ご注文フォームへ移動する
(100部以上で1割引・200部以上で2割引致します)

「ただ念仏」の教え ー法然聖人から親鸞聖人へー

前田壽雄
 本書は、著者が武蔵野大学日曜講演会と仏教伝道協会でおこなった講演原稿に加筆・編集したものである。法然聖人から親鸞聖人への教えの継承と展開を、「ただ念仏」を主題として、特に『選択集』と『教行信証』を中心として述べられている。
四六判並製・112頁・本体800円+税ご注文フォームへ移動する 
TOPへ戻る